新東京周辺鉄道車両速報ブログ

東京周辺の電車の新製・転属・廃車などに関する情報をまとめるブログです。

H1201【東急東横線】元住吉4112Fが10両編成化工事出場

2022年8月8日、東横線向け5050系電車10両編成Q SEAT車連結編成の元住吉4112Fが、10両編成化工事を終えて長津田検車区を出場した。

今回出場したのは以下の10両

1号車 クハ4112 2007年7月1日新製(東急)
2号車 デハ4212 2007年7月1日新製(東急)
3号車 デハ4312 2007年7月1日新製(東急)
4号車 サハ4412 (J-TREC横浜)
5号車 デハ4512 (J-TREC横浜)
6号車 サハ4612 2007年7月1日新製(東急)
7号車 サハ4712 2007年7月1日新製(東急)
8号車 デハ4812 2007年7月1日新製(東急)
9号車 デハ4912 2007年7月1日新製(東急)
10号車 クハ4012 2007年7月1日新製(東急)

補足情報

東横線向け5050系電車としては12編成目の10両編成組成となった。

相鉄線直通対応工事を終えてJ-TREC横浜事業所を出場した時は、旧5166Fは8両全て4112Fに改番した状態になっており、車体外側に車番表記のない詳細不明の新造車2両を連結した10両で甲種輸送が実施されていた。その後、2023年度から東横線の一部列車でQ SEATサービスを開始することが公表され、長津田検車区で新造車のラッピング作業が実施されたことで、詳細不明の新造車2両はいずれも4112F向けのQ SEAT車であることが判明した。

今回組み込まれたサハ4412、デハ4512は、Q SEATサービスに対応するためロングシートクロスシートを切り替えて運行することが可能となっている。東急電鉄では大井町線6000系一部編成と6020系に既に組み込んでおり、今回新造された車両は6000系のQ SEAT車をベースに一部改良を加えた設計になった模様である。

なお、今回8両編成の5166Fが10両編成の4112Fになったことで、東横線所属の5000系・5050系は、10両編成12本(4101F~4112F)・8両編成28本(5118F・5119F・5121F・5122F・5151F~5154F・5157F~5165F・5167F~5172F・5174F~5178F)の体制になった。2023年3月に予定されている東急新横浜線開業と相鉄線との相互直通運転開始に伴って、8両編成の運用数を削減して10両編成の運用数が増加することが予想される。

今後の掲載予定

今後の掲載予定は、サブブログ『新東京周辺鉄道車両速報ブログ管理委員会』に記載しております。