新東京周辺鉄道車両速報ブログ

東京周辺の電車の新製・転属・廃車などに関する情報をまとめるブログです。

トップページ

『新東京周辺鉄道車両速報ブログ』へようこそ!

このブログは、東京周辺で電車の新製・転属・廃車などの情報があれば、それをまとめるブログです。基本的にネットの目撃情報などを纏めるだけなので、調べものなどに利用される場合は、他のサイトも参考にされることをお勧めします。

今後の掲載予定について

サブブログ『新東京周辺鉄道車両速報ブログ管理委員会』のトップページに記載しております。こちらから確認してください。

続きを読む

H0693【東急田園都市線】長津田2145Fが落成・甲種輸送

2021年5月11日~13日、田園都市線向け2020系電車の長津田2145Fが、製造元の総合車両製作所横浜事業所を出場し、逗子駅から長津田駅まで甲種輸送された。長津田駅到着後は、所属している長津田検車区に搬入された。

今回甲種輸送されたのは以下の10両

1号車 クハ2145 (J-TREC横浜)
2号車 デハ2245 (J-TREC横浜)
3号車 デハ2345 (J-TREC横浜)
4号車 サハ2445 (J-TREC横浜)
5号車 サハ2545 (J-TREC横浜)
6号車 デハ2645 (J-TREC横浜)
7号車 サハ2745 (J-TREC横浜)
8号車 デハ2845 (J-TREC横浜)
9号車 デハ2945 (J-TREC横浜)
10号車 クハ2045 (J-TREC横浜)

補足情報

田園都市線向け2020系電車の落成は、25編成目(うちJ-TREC横浜製は6編成目)。

今後の掲載予定

今後の掲載予定は、サブブログ『新東京周辺鉄道車両速報ブログ管理委員会』に記載しております。

H0692【JR横須賀・総武線】横クラF-11編成が落成・配給

2021年5月12日、横須賀線総武線快速電車向けE235系1000番台基本編成の横クラF-11編成が、新潟車両センター(越後石山駅)から、所属している鎌倉車両センター(大船駅)まで配給された。牽引はEF64-1031。

今回配給されたのは以下の11両

11号車 クハE235-1011 2021年5月7日新製(J-TREC新津)
10号車 モハE235-1011 2021年5月7日新製(J-TREC新津)
9号車 モハE234-1011 2021年5月7日新製(J-TREC新津)
8号車 サハE235-1011 2021年5月7日新製(J-TREC新津)
7号車 モハE235-1211 2021年5月7日新製(J-TREC新津)
6号車 モハE234-1211 2021年5月7日新製(J-TREC新津)
5号車 サロE235-1011 2021年5月7日新製(J-TREC横浜)
4号車 サロE234-1011 2021年5月7日新製(J-TREC横浜)
3号車 モハE235-1311 2021年5月7日新製(J-TREC新津)
2号車 モハE234-1311 2021年5月7日新製(J-TREC新津)
1号車 クハE234-1011 2021年5月7日新製(J-TREC新津)

補足情報

横須賀線総武線快速電車向けE235系1000番台基本編成の落成は、予定全51編成中11編成目。

5・4号車のグリーン車J-TREC新津事業所で製造できない2階建て車両のため、同横浜事業所で製造された車両を組み込んでいる。

今後の掲載予定

今後の掲載予定は、サブブログ『新東京周辺鉄道車両速報ブログ管理委員会』に記載しております。

H0691【JR中央線(特急)】長モトM-107編成が転用改造工事入場

2021年5月7日、中央線系統特急列車向けE257系0番台基本編成の長モトM-107編成が、転用改造工事施工のため、所属している松本車両センター(松本駅)から、長野総合車両センター(長野駅)まで自力回送・入場した。

今回入場したのは以下の9両

3号車 クハE257-107 2001年12月7日新製(東急)
4号車 モハE257-7 2001年12月7日新製(東急)
5号車 モハE256-7 2001年12月7日新製(東急)
6号車 モハE257-1007 2001年12月7日新製(東急)
7号車 サハE257-7 2001年12月7日新製(東急)
8号車 サロハE257-7 2001年12月7日新製(東急)
9号車 モハE257-107 2001年12月7日新製(東急)
10号車 モハE256-107 2001年12月7日新製(東急)
11号車 クハE256-7 2001年12月7日新製(東急)

補足情報

中央線系統特急列車向けE257系0番台基本編成の撤退は、予定全16編成中15編成目。

この編成は2018年7月1日の運用変更で定期運用から離脱し、大宮総合車両センター東大宮センター常駐となって波動輸送に充当されていた。今後は、機器更新工事とリニューアル工事が実施され、波動輸送向けE257系5000番台の宮オオOM-92編成に改造されるものと思われる。

今後の掲載予定

今後の掲載予定は、サブブログ『新東京周辺鉄道車両速報ブログ管理委員会』に記載しております。

H0690【JR東海道線】横コツS-15編成が機器更新工事入場

2021年5月6日~7日、東海道線向けE231系1000番台付属編成の横コツS-15編成が、機器更新工事施工のため、所属している国府津車両センター(国府津駅)から、盛岡車両センター森派出所(JR東日本テクノロジー青森改造センター/青森駅)まで配給・入場した。牽引はEF81-134。

今回入場したのは以下の5両

15号車 クハE231-8043 2004年9月8日新製(東急)
14号車 サハE231-3043 2004年9月8日新製(東急)
13号車 モハE231-1084 2004年9月8日新製(東急)
12号車 モハE230-1084 2004年9月8日新製(東急)
11号車 クハE230-6043 2004年9月8日新製(東急)

補足情報

国府津車両センター所属のE231系の機器更新工事が、初めて青森で実施されることになった。

今後の掲載予定

今後の掲載予定は、サブブログ『新東京周辺鉄道車両速報ブログ管理委員会』に記載しております。

H0689【JR横須賀・総武線】横クラY-45編成が廃車

2021年5月上旬頃、横須賀線総武線快速電車向けE217系0番台基本編成の横クラY-45編成の解体作業が、入場している東京総合車両センターで開始された。

今回廃車されたのは以下の11両

11号車 クハE217-45 1999年8月9日新製(JR新津)
10号車 サハE217-45 1999年8月9日新製(JR新津)
9号車 モハE217-45 1999年8月9日新製(JR新津)
8号車 モハE216-1045 1999年8月9日新製(JR新津)
7号車 サハE217-2089 1999年8月9日新製(JR新津)
6号車 サハE217-2090 1999年8月9日新製(JR新津)
5号車 サロE217-45 1999年8月9日新製(東急)
4号車 サロE216-45 1999年8月9日新製(東急)
3号車 モハE217-2089 1999年8月9日新製(JR新津)
2号車 モハE216-2089 1999年8月9日新製(JR新津)
1号車 クハE216-2066 1999年8月9日新製(JR新津)

補足情報

横須賀線総武線快速電車向けE217系0番台基本編成の撤退は、予定全51編成中5編成目。

横クラY-45編成は旧幕張電車区が新製配置の車両で、8次車グループに属する。1号車には新製当初から車椅子対応トイレが設置されていたため、編成の組み換えは実施されていない。2010年8月26日に東京総合車両センターで機器更新工事が施工されていた。2021年4月28日に、所属している鎌倉車両センター(大船駅)から東京総合車両センター(大崎駅)まで自力回送・入場していた。東京総合車両センターで車両が解体されるのは珍しいことである。

【廃車車両の車歴】
全車両:幕張→鎌倉(2006-03-18)

今後の掲載予定

今後の掲載予定は、サブブログ『新東京周辺鉄道車両速報ブログ管理委員会』に記載しております。

H0688【都営浅草線】馬込5524編成が落成

2021年5月6日、浅草線向け5500形電車の馬込5524編成が、製造元の総合車両製作所横浜事業所を出場し、所属している馬込車両検修場まで自力回送した。

今回落成したのは以下の8両

1号車 Mc1 5524-1 2021年5月6日新製(J-TREC横浜)
2号車 M2 5524-2 2021年5月6日新製(J-TREC横浜)
3号車 M3 5524-3 2021年5月6日新製(J-TREC横浜)
4号車 T4 5524-4 2021年5月6日新製(J-TREC横浜)
5号車 T5 5524-5 2021年5月6日新製(J-TREC横浜)
6号車 M6 5524-6 2021年5月6日新製(J-TREC横浜)
7号車 M7 5524-7 2021年5月6日新製(J-TREC横浜)
8号車 Mc8 5524-8 2021年5月6日新製(J-TREC横浜)

補足情報

浅草線向け5500形電車の落成は、予定全27編成中24編成目。
2021年度は5編成が製造予定であり、そのうちの2編成目である。

今後の掲載予定

今後の掲載予定は、サブブログ『新東京周辺鉄道車両速報ブログ管理委員会』に記載しております。

H0687【東急田園都市線】長津田8629Fが廃車

2021年5月6日、田園都市線向け8500系電車東武線乗入対応車の長津田8629Fが、廃車・解体のため、所属している長津田検車区から長津田車両工場(東急テクノシステム長津田工場)まで自力回送した。

今回廃車されたのは以下の10両

1号車 デハ8629 1978年6月21日新製(東急)
2号車 デハ8741 1978年6月21日新製(東急)
3号車 サハ8919 1978年6月21日新製(東急)
4号車 デハ8863 1983年1月22日新製(東急)
5号車 デハ8761 1983年1月22日新製(東急)
6号車 デハ8835 1979年8月12日新製(東急)
7号車 デハ8742 1978年6月21日新製(東急)
8号車 サハ8931 1979年8月12日新製(東急)
9号車 デハ8822 1978年6月21日新製(東急)
10号車 デハ8529 1978年6月21日新製(東急)

補足情報

2020系電車導入に伴う田園都市線向け8500系電車の撤退は、予定全24編成中15編成目。

8629Fは、1978年8月1日に営団地下鉄(現・東京メトロ)半蔵門線の渋谷駅-青山一丁目駅間が開業することに伴って導入された、9-2次車の編成である。この当時、新玉川線は6両編成で運行されていたため、この編成は6両編成で落成した。半蔵門線が開業した当初、営団地下鉄半蔵門線用の車両を保有していなかったため、この編成を含む3編成(8626F・8628F・8629F)が営団地下鉄へ貸し出されていた。1979年8月12日ダイヤ改正田園都市新玉川線の一部列車が8両編成で運行されるようになった際に、当時在籍していた8500系は車番の若い15本(8601F~8615F)が8両編成、車番の大きい15本(8616F~8630F)が6両編成で運転されることになったが、営団地下鉄へ貸し出されている編成の中からも8両編成を用意する必要があったため、この編成が8614Fと入れ替わる形で10-2次車で新造された車両を組み込み8両編成化された。1981年に、営団地下鉄半蔵門線用の車両を用意したため、この編成は東急に返却された。1983年1月22日ダイヤ改正から、田園都市新玉川線では10両編成の運行が開始されることになったため、14-2次車で新造された車両を組み込んで10両編成化された。その後は編成組み換え等の対象になることはなく、38年以上に亘って同じ組成のまま運用が続けられていた。

今後の掲載予定

今後の掲載予定は、サブブログ『新東京周辺鉄道車両速報ブログ管理委員会』に記載しております。