新東京周辺鉄道車両速報ブログ

東京周辺の電車の新製・転属・廃車などに関する情報をまとめるブログです。

H1283【横浜市営地下鉄ブルーライン・グリーンライン】上永谷第64編成(4641F)と川和第03編成(10031F)向け増結用中間車が落成・甲種輸送

2022年10月28日~30日、ブルーライン向け4000形電車の上永谷第64編成(4641F)と、グリーンライン向け10000形電車の川和第03編成(10031F)向け増結用中間車2両が、製造元の川崎車両神戸本社を出場し、兵庫駅から根岸駅まで甲種輸送された。根岸駅到着後は横浜本牧駅まで輸送された。

今回甲種輸送されたのは以下の8両

上永谷第64編成(4641F)
1号車 Tc1 4641 (川車)
2号車 M2 4642 (川車)
3号車 M3 4643 (川車)
4号車 M4 4644 (川車)
5号車 M5 4645 (川車)
6号車 Tc6 4646 (川車)
川和第03編成(10031F)
3号車 M3 10033 (川車)
4号車 M4 10034 (川車)

補足情報

ブルーライン向け4000形電車の落成は、予定全8編成中3編成目。
2022年度は5編成が導入予定であり、そのうちの3編成目である。

グリーンライン向け10000形電車の増結用中間車の落成は、予定全20両中3・4両目。
2022年度は6両が落成する予定になっており、そのうちの3・4両目である。

今回の甲種輸送では、ブルーラインの車両とグリーンラインの車両が同時に甲種輸送された。両線ともに標準軌の路線のため、甲種輸送にあたっては仮台車を装備していた。横浜本牧駅到着後は陸送され、ブルーラインの車両は上永谷車両基地グリーンラインの車両は川和車両基地へ搬入される。

追記

製造所名を修正しました。(2022-12-04)

今後の掲載予定

今後の掲載予定は、サブブログ『新東京周辺鉄道車両速報ブログ管理委員会』に記載しております。