新東京周辺鉄道車両速報ブログ

東京周辺の電車の新製・転属・廃車などに関する情報をまとめるブログです。

Y0311【東武東上線】森林公園8566F・8112Fが廃車

2010年5月17日、東上線向け8000系電車2両編成の森林公園8566Fと、同6両編成の森林公園8112Fが、廃車・解体のため、所属している森林公園検修区から、渡瀬北留置線まで自力回送した。秩父鉄道線内は、秩父鉄道のATSに対応した森林公園8505Fを先頭に連結して運転された。

今回廃車されたのは以下の8両

森林公園8566F
2号車 モハ8566 1974年5月30日新製(富士)
1号車 クハ8666 1974年5月30日新製(富士)
森林公園8112F
6号車 クハ8112 1963年10月30日新製(ナニワ)
5号車 モハ8212 1963年10月30日新製(ナニワ)
4号車 モハ8312 1963年10月30日新製(ナニワ)
3号車 サハ8712 1972年11月11日新製(富士)
2号車 モハ8812 1972年11月11日新製(富士)
1号車 クハ8412 1963年10月30日新製(ナニワ)

補足情報

8566Fは伊勢崎線系統が新製配置の編成である。2001年4月6日に修繕工事が施工されていた。東上線では、2001年11月28日の転入から、約8年6ヶ月間使用された。この編成の廃車により、東上線の2両編成の8000系は残り9編成となった。

8112Fは新製当初から一貫して東上線で運用された編成だった。修繕は初年度の1986年度に施工されていた。この編成の廃車により、東上線の6両編成の8000系は残り7編成となった。

追記

この記事はYahoo!ブログから移行したものです(作業日:2019/09/13、作業コード:1-4090-6010-4030-1)

今後の掲載予定

今後の掲載予定は、サブブログ『新東京周辺鉄道車両速報ブログ管理委員会』に記載しております。