新東京周辺鉄道車両速報ブログ

東京周辺の電車の新製・転属・廃車などに関する情報をまとめるブログです。

H1287【JR日光線・宇都宮線】宮ヤマY2編成・Y5編成が廃車

2022年11月2日~3日、日光線向け205系600番台の宮ヤマY2編成と、宇都宮線向け205系600番台の宮ヤマY5編成が、廃車・解体のため、所属している小山車両センター(小金井駅)から、長野総合車両センター(長野駅)まで配給された。牽引はEF64-1031。

今回廃車されたのは以下の8両

宮ヤマY2編成
4号車 クハ205-602 1989年11月21日新製(川重)
3号車 モハ205-602 1989年11月21日新製(川重)
2号車 モハ204-602 1989年11月21日新製(川重)
1号車 クハ204-602 1989年11月21日新製(川重)
宮ヤマY5編成
4号車 クハ205-605 1989年12月19日新製(川重)
3号車 モハ205-605 1989年12月19日新製(川重)
2号車 モハ204-605 1989年12月19日新製(川重)
1号車 クハ204-605 1989年12月19日新製(川重)

補足情報

宇都宮線日光線向け205系600番台の廃車は、予定全12編成中8・9編成目。

宮ヤマY2編成は、京葉線の千ケヨ1編成から2013年2月4日に大宮総合車両センターで改造された編成で、日光線仕様の車両だった。2019年7月9日に大宮総合車両センターで軌道変位モニタリング装置搭載対応工事が実施されていた。205系600番台で改造種車が一番古い車両だった。

宮ヤマY5編成は、京葉線の千ケヨ6編成から2013年4月26日に大宮総合車両センターで改造された編成で、宇都宮線仕様の車両だった。2017年7月27日に大宮総合車両センターで軌道変位モニタリング装置搭載対応工事が実施されていた。この編成が廃車されたことに伴い、「メルヘン顔」の宇都宮線仕様車が消滅した。


【廃車車両の車歴】
宮ヤマY2編成:習志野→京葉(1990-03-10)→小山(2013-02-04)
宮ヤマY5編成:習志野→京葉(1990-03-10)→小山(2013-04-26)

今後の掲載予定

今後の掲載予定は、サブブログ『新東京周辺鉄道車両速報ブログ管理委員会』に記載しております。